JMCAA会員インタビューvol.14 寳珠山俊兵先生

JMCAA会員インタビューvol.14 寳珠山俊兵先生

2019.09.10

お待たせいたしました!
「JMCAA会員インタビューvol.14」を配信します。

新たに上級技術マスターに認定された先生方へのインタビューを通じて、認定コースを取得されるまでのいきさつや、立体造顔美容鍼®の技術をどのように生かしているか、これから受講される皆様のお役に立つよう、フリーライターの沼田がお話を伺ってまいります。

 


 

 

JMCAA公認 立体造顔美容鍼®
上級技術マスター鍼灸師
寳珠山俊兵先生

 

第十四回目は、埼玉県桶川市で「桶川駅前整骨院・鍼灸マッサージ院」を経営されている寳珠山俊兵(ほうしゅやましゅんぺい)先生です。

寳珠山先生は治療院スタッフのみなさんと一緒に、地域の方の「体のケア」に関するさまざまなサポートを引き受けておられます。

幅広いジャンルに知見と技術をお持ちの寳珠山先生が、さらなる高みを目指してJMCAAで上級技術マスター鍼灸師となられるまでを伺いました!

 

(聞き手:フリーライター・キャリアコンサルタント 沼田絵美)

 

 

 

沼田)まずは、JMCAAのセミナーに参加された理由を教えてください。

 

知り合いの鍼灸師の先生がたまたま美容鍼の施術をされていて、自分にも施術していただきました。「これは効果が出そうだし、自分でも実践してみよう!」と感じたのが美容鍼灸との出会いです。

直感的に「自分にもできそうだな!」と感じたので、経営している桶川駅前整骨院・鍼灸マッサージ院で紹介してみたらお客様の反応もいい。

しかし、すぐに壁にぶつかりました。体のメンテナンスのために長く通っていただいているお客様でも、「美容鍼灸、一回やってみたかったの」で終わってしまう。

結局、「ここに鍼を打つとこうなる」という根拠がなく、経験からくる「勘」を頼りに施術をしていたため、きちんとお客様に理由を説明できなかったのですね。これはきちんと美容鍼灸について学ばなければならないぞと思いました。

そんな時に参加した美容鍼のフォーラムで、岡本先生をはじめ、美容鍼灸を実践されているたくさんの先生方にお会いしたのがきっかけでJMCAAの存在を知りました。

 

沼田)立体造顔美容鍼®上級技術マスター認定鍼灸師を目指そうと思ったきっかけはなんだったのでしょうか?

 

先生)美容フォーラムでは、岡本先生をはじめ、美容鍼灸の分野で素晴らしい実績をお持ちの先生方がたくさんいらっしゃいました。

そのなかで立体造顔美容鍼®上級技術マスター認定で学ぶことを選んだのは、「立体造顔美容鍼®」という新しい言葉に興味を持ったから、ということと、「習得するのが難しそうだな…」と感じたからです。難しい!と思うほどチャレンジしたくなります。

 

沼田)基礎技術と比べて上級技術を習得するために苦労された点はありますか?

 

先生)初めて「立体造顔美容鍼®」を知ったときの印象通り、本当に難しかった(笑)。実際にやってみても、「一筋縄ではいかない」というイメージ通りです。

しかし、講習では岡本先生のもとで働く鍼灸師の先生方の技術を見ることもでき、自分の技術を確認しながら進められるのでとても参考になりました。

JMCAAでは会員向けの無料練習会などもあるのですが、これからも、「今の自分の技術はどうなのか?」定期的に確認できるような勉強会を開催していただけたら嬉しいです。鍼灸師としてのキャリアが長いからこそ、新しい技術はどんどん身に付けて、それがきちんと身についているか、確認できる機会を求めています。

 

沼田)JMCAAで技術や理論を学んだことで、鍼灸師の仕事にどのようなプラス効果がありましたか?

 

先生)立体造顔美容鍼®上級技術マスター認定を得たことで、「医学的知識」の裏付けをしっかり持ってお客様に美容鍼灸をお勧めできるようになりました。
独学で美容鍼灸の施術をしていたころは、経験からくる「勘」みたいなもので、「ここに鍼を打つと、こう上がると思う」というやり方でした。初めて私に美容鍼灸を紹介してくれた先生も、それは同じだったのです。それでは結局、お客様は継続されません。

きちんと根拠をご説明し、「こうするとこうなります」と自信もって対応できることが大きな違いです。きちんとマニュアルとして言葉になっているから、一緒に働くスタッフにも伝えることができます。

 

沼田)鍼灸師として一番大切にしていることを教えてください。また、院のアピールポイント、もしくはこだわりを教えてください。

 

先生)鍼灸の素晴らしさを、もっと身近に感じてもらいたい。そういう思いはずっと持っています。いまだに、「最後の砦」扱いというか…。しかし、「どんな状態でも対応できる素晴らしいもの」だと思っています。美容鍼灸が、「身近」に感じてもらえる一つのきっかけになってくれたらいいですね。

今、産後ママや妊娠中の女性向けに、美容鍼灸をふくめてトータルサポートができるようなメニューを新しく開発中です。 何か困ったことがあれば、「鍼灸の力を使おう」と思っていただけるようにPRしていきたいと考えています。

 

沼田)晴れて上級技術マスター認定コースを修了されましたが、これからお仕事でどのように生かしていきたいですか?もしくはどう生かしていますか?

 

先生)新しい知識を、お客様にどんどんお伝えしていきたいですね。実は、「新しいイイもの」「新しいメニュー開発」って僕自身が好きなんです。
「次はこういうのがありますよー!」ってお客様に言えば、やらなきゃいけないですから!

先日も、腰痛で5年ぶりに来院された年配男性のお客様に、「美容鍼灸というのがあってですね」とお話をしたら、「僕、次はそれやるよ」とおっしゃられて。興味のすそ野が広がっていますね。

 

沼田)JMCAAの会員になって良かったなと思うことを教えてください。

 

先生)他の鍼灸師の先生方と、情報交換や共有ができる機会が増えたことがうれしいです。
たとえば、美容鍼のフォーラムには100人単位の参加者が来られて、懇親会も開催されます。ちょっとしたお話をするなかでも、自分がイメージしていたよりもお客様の来店頻度や価格設定もさまざまで、「他ではそうなんだ!」という驚きがたくさんありました。

 

沼田)最後に、これから上級技術マスター認定コースを受けようと思っている人へ一言アドバイスをお願いします。

 

先生)「経験と勘」でなんとなく美容鍼灸を施術しているなら、美容鍼灸を研究しているどこかの会に、ぜひ入ってもらいたいです。もちろん僕はJMCAAをお勧めしますが、美容鍼灸業界のすごいな、と思うところは、それぞれの会同士できちんと交流があるところです。

みんなでフォーラムを実施して、それぞれの会の技術や知識を共有して高めあっていく。その輪に入っていただきたいです。
いつかぜひ、僕ともお会いしましょう!お待ちしています(笑)

 

~取材を終えて~

 

鍼灸師をはじめ、柔道整復師、あん摩マッサージ指圧師、カイロプラクター、キネシオテーピングトレーナー、交通事故専門士…。 寳珠山先生が経営される「桶川駅前整骨院・鍼灸マッサージ院」のプロフィールページで紹介されている資格の数々。

「新しいもの、よいものにはどんどんチャレンジして、それを地域の皆様にお伝えしていきたいです!」と明るくお話してくださる先生が、どれだけの努力を重ねてこられたか、想像もおよびません。ぜひ、新しく入会いただいた皆様にも寳珠山先生の明るく前向きなパワーを感じていただきたいです。

寳珠山先生、ありがとうございました!

 


 

<サロン情報>

 

桶川駅前整骨院・鍼灸マッサージ院
〒363-0015 福埼玉県 桶川市南1-6-3
TEL:048-776-0085

 

› ニュース一覧へ戻る