JMCAA会員インタビューvol.1 宮元真保先生

JMCAA会員インタビューvol.1 宮元真保先生

2018.12.18

JMCAA事務局の平(たいら)です。いよいよ今回から新しい企画「JMCAA会員インタビュー」が始まります!
認定講師や上級技術マスターの先生にインタビューさせていただき、皆さんが認定コースを取得されるまでのいきさつや、立体造顔美容鍼®の技術をどのように生かしているか、さらに治療院のことなどを伺っていきます!

 

vol.1 上級技術マスター鍼灸師
宮元真保先生

 

記念すべき第一回目は、宮崎県都城市で「鍼灸院 Belle」を開業されている宮元真保(みやもとまほ)先生です。
宮元先生の素晴らしい行動力と向上心に身が引き締まりながらも、その癒し系なお人柄のおかげでホンワカとしたインタビューになりました♡(聞き手:JMCAA平)

 

平)まずは、JMCAAのセミナーに参加された理由を教えてください。

 

先生)最初のきっかけは、JMCAAというより代表の岡本先生との出会いでした。
学生時代、福岡県の専門学校に通っていた時に、岡本先生の講義を受けたんです。今まで受けてきた講義の中で一番リフトアップ効果が高いことに驚きましたし、岡本先生が「美容鍼をきちんと世の中に広げよう」と思っていらっしゃるのが伝わってきました。それから、福岡から上京して麻布ハリークにも見学をさせてもらったりと交流が続きました。
その後、鍼灸師になってから地元の宮崎県で開業することになり、もっと技術を向上させたいと思い、JMCAAのセミナーに参加しました。

 

平)また、立体造顔美容鍼®上級技術マスター認定鍼灸師を目指そうと思ったきっかけはなんだったのでしょうか?

 

先生)美容鍼は世の中の人からまだまだ敷居が高いと思われているので、そんな中でも美容鍼を受けてくださるお客様は、効果をすぐに実感できないと離れてしまうと思っています。お客様にきちんと効果を実感してもらうためにも、一番レベルが高い技術を提供したいと思い、上級マスター認定コースまで習得しました。
ちなみに、地元の宮崎県や近隣の鹿児島県ではまだまだ美容鍼の店舗が少なく、美容鍼を提供している店舗でも、「お客様を満足させることができる店舗は、まだまだ多くはないのかな」と感じています。というのも、他の店舗で美容鍼を受けてから当院にいらっしゃったお客様から、「美容鍼は効果がないと思っていた」と言われることが多いんです。せっかく私の地元で美容鍼を広める仕事に就いているので、きちんと満足して頂ける美容鍼を提供しようと心がけています。

 

平)基礎技術と比べて上級技術を習得するために苦労された点はありますか?

 

先生)私が苦労したのは3点だったのですが、「押手で引き上げること」、「片手挿管」、「施術中に常に痛みがない鍼を意識すること」でした。その3点を克服するのは難しかったのですが、中々誰でもマスターできる技術ではないからこそ、習得してからはさらに自信をもって美容鍼を提供できるようになりました。
ちなみに、上級技術マスター認定コースを学んでいる間は、東京にマンスリーマンションを借りて勉強していました。
(スタッフ注:マンスリーマンションを借りて受講された先生は今まで宮元先生だけです!)

 

平)JMCAAで技術や理論を学んだことで、鍼灸師の仕事にどのようなプラス効果がありましたか?

 

先生)私が上級技術マスター認定コースを習得した当時は、九州の美容鍼サロンでこのコースを習得したのは私一人だったので、九州で一番早く高いレベルの美容鍼を提供できました。
地元の九州で先取りできたのは大きなアドバンテージになりました。
(スタッフ注:現在は、九州の他の先生も同コースを習得されています)

 

平)鍼灸師として一番大切にしていることを教えてください。また、院のアピールポイント、もしくはこだわりを3つ教えてください。

 

先生)私が鍼灸師として一番大切にしていることは、「できるだけ多くの方に東洋医学や鍼灸を知ってもらい、好きになってもらうこと」です。そのためには、まずは自分自身が東洋医学や鍼灸を好きでいることを心がけています。
また、「鍼灸院Belle」で一番大切にしていることは、お客様にサロンの空間を心地良く感じてもらうために、「完全予約制」「完全個室」にしていることです。
二つ目は、お客様により鍼灸を身近に感じてもらうために、自宅でのセルフケアを紹介していることです。お客様に自宅でお灸やツボのマッサージ方法を伝えて実践してもらうことで、自宅でも鍼灸を身近に感じてもらい、自分の身体をいたわる心地良さや効果を肌で実感してもらうようにしています。
三つ目は、鍼灸の強みはお肌や身体の悩みを根本から治療できることなので、お客さまの生活習慣をできるだけ深くカウンセリングして症状の原因を探し、お悩みを根本から解決していくことです。その際、上から目線にならないように、お客様と同じ目線に立って解決策を提案することを心がけています。

 

平)晴れて上級技術マスター認定コースを修了されましたが、これからお仕事でどのように生かしていきたいですか?もしくはどう生かしていますか?

 

先生)現在、当院の美容鍼は、全て立体造顔美容鍼®で提供しているのですが、上級技術を習得したことで、虚弱体質の方、顔面麻痺の方など、施術において特別な配慮が必要な方にもアレンジを効かせて美容鍼を提供できるようになり、幅広いお客様に対応できるようになりました。

 

平)JMCAAの会員になって良かったなと思うことを教えてください。

 

先生)私は、美容鍼以外の資格も取っているのですが、ものによってはその肩書を名乗るために会費を払っているようなケースもある中で、JMCAAでは勉強会やセミナーなど、資格を取ってからのアフターフォローがきっちりされていて助かります。またFacebookの会員オンラインサロンで他の先生方が質問をすると岡本先生や事務局の川畑さんが回答していらっしゃって、そのやりとりを他の会員も見ることができるので、実はこっそり勉強させて頂いています(笑)

 

平)最後に、これから上級技術マスター認定コースを受けようと思っている人へ一言アドバイスをお願いします。

 

先生)上級技術を習得すると、他の先生方と差がついて自信がもてますし、虚弱体質の方や鍼が怖い方など、様々なお客様に効果を出しながら臨機応変に対応できるようになりますのでおすすめです!

 


 

~取材を終えて~

 

今回宮元先生にインタビューさせていただくなかで、上級技術認定コースを習得すると、幅広いお客様に美容鍼を提供できるようになることが改めて実感できました!また、Facebookの会員オンラインサロンが先生方のお役に立てていることが分かりましたので、さらに盛り上げていきたいと思います!宮元先生、ありがとうございました。

 


 

<サロン情報>

 

鍼灸院 Belle
〒885-0052 宮崎県都城市東町13-4
TEL:0986-25-9624

 

 

 

› ニュース一覧へ戻る