JMCAA会員インタビューvol.5 岸川公一先生

JMCAA会員インタビューvol.5 岸川公一先生

2019.01.24

JMCAA事務局の平(たいら)です。「JMCAA会員インタビューvol.5」を配信します。
この記事では、認定講師や上級技術マスターの先生にインタビューさせていただき、皆さんが認定コースを取得されるまでのいきさつや、立体造顔美容鍼®の技術をどのように生かしているか、さらに治療院のことなどを伺ってまとめました!

 

vol.5 上級技術マスター鍼灸師
岸川公一先生

 

第五回目は、佐賀県小城市で「きしかわ針灸整骨院」を開業されている岸川公一(きしかわこういち)先生です。
岸川先生の常に向上心を持つ真面目な姿勢が伝わってくる
インタビューになりました。
また、岸川先生はこのインタビューをさせていただく少し前に美容鍼の提供を開始されたとのことで、とてもよいタイミングでお話をお伺いできました!(聞き手:JMCAA平)

 

平)まずは、JMCAAのセミナーに参加された理由を教えてください。

 

先生)当初、私が開業している「きしかわ針灸整骨院」では美容と距離を置いていて、正直に言うと美容はエステの方の分野だととらえていました。
しかし、テレビで美容鍼について知った女性の患者さんから、「きしかわ針灸整骨院でも美容鍼を受けられますか?」と質問されたんです。
そこで、私自身、美容鍼の知識がなかったので、一から美容鍼を学んでみようと思い、ネットで見つけたJMCAAのセミナーに参加しました。
ちなみに、私の院がある佐賀県では、いくつかの鍼灸院で美容鍼を提供しているようですが、美容鍼に力を入れて提供している鍼灸院はまだ少ないようです。

 

平)また、立体造顔美容鍼®上級技術マスター認定鍼灸師を目指そうと思ったきっかけはなんだったのでしょうか?

 

先生)「1Day基礎コース」で美容鍼の基礎を学んだら、ますます美容鍼灸に興味を持つようになりました。
また、基礎で学んだ技術を、私の妻や院の受付スタッフに試したところ効果が見られたので、これはすごいと思い上級技術を目指そうと思いましたね。

 

 

平)基礎技術と比べて上級技術を習得するために苦労された点はありますか?

 

先生) ベースとなるフェイスラインの見方や鍼の打ち方・鍼管の置き方・切皮・刺入時の鍼の入れ方・鍼の抜き方・出血した場合どうするかなど数えるときりがないのですが、その中でもフェイスラインの見方がいちばん苦労しましたね。

 

平)JMCAAで技術や理論を学んだことで、鍼灸師の仕事にどのようなプラス効果がありましたか?

 

先生)いろいろあるんですが、自信をもって美容鍼を打てるようになりましたね。

お顔に鍼を打つことは、患者さんの立場になるととてもナイーブなことですので、自信をもって施術できるのは一番大事なことですよね。

 

平)鍼灸師として一番大切にしていることを教えてください。また、院のアピールポイント、もしくはこだわりを3つ教えてください。

 

先生)鍼灸師として一番大切にしていることは、「常に向上心をもって、今の自分に満足しないこと」です。

(スタッフ注:岸川先生の院では、ご自身が幼少期から大学時代までずっと「体操競技」の選手だったからか「スポーツ障害治療」を提供されているのをはじめ、「マタニティ治療」を提供されていたり、「交通事故専門外来」を設置していたりと幅広い治療を提供されています。岸川先生が答えてくださった「向上心」があるからこそ、このように様々なジャンルの治療を提供できるのだと思いました。)

 

院のアピールポイントですが、1つ目は、「痛みを治す技術力」です。
患者さんの様々な症状の痛みを緩和するために、新しい技術であれ伝統的な技術であれ、あらゆる技術を習得して患者さんに提供するようにしています。

 

2つ目は、「患者さんに主役になってもらい、笑顔で帰っていただくこと」です。
私の院では高齢で一人暮らしの患者さんも多いので、せめて院に来店されたときは主役になってもらえるように心がけていますし、笑顔になって帰っていただけるよう、スタッフ側も笑顔でお見送りするようにしています。
私の院には90代の患者さんが何人かいらっしゃるのですが、最近はご家族に車で送ってもらって来院した101歳の患者さんもいらっしゃいました。一人で車を運転して来院される92歳の強者もいます。

(スタッフ注:高齢の方はほぼ100%口コミで来院されるそうです。それだけお客様の満足度が高い院なのですね!)

 

平)晴れて上級技術マスター認定コースを修了されましたが、これからお仕事でどのように生かしていきたいですか?もしくはどう生かしていますか?

 

先生)院に来院されている患者様5名に、モニターとして美容鍼を提供しはじめました。
モニターさんに鍼を打つことで、たくさん質問をいただきそれに答えているうちに、面白いように美容について勉強になってます。
1ヶ月を過ぎ、みなさんのお肌に変化が出てきて、私もさらに満足してもらえる美容鍼を提供したいと思ってます。
2019年春には美容鍼専門の部屋を設けるなど院のリノベーションを予定してます。
これから美容鍼の提供を本格化していくのが楽しみです!

 

平)JMCAAの会員になって良かったなと思うことを教えてください。

 

先生)会員になってよかったのは、美容鍼について高いスキルを持っている方と知り合えることですね。良い刺激になっています!

 

平)最後に、これから上級技術マスター認定コースを受けようと思っている人へ一言アドバイスをお願いします。

 

先生)シンプルなのですが、上級コースを受けることで、鍼灸師としてレベルアップするのは間違いないです!

何よりも患者さんに喜んでいただけるので、ぜひチャレンジしてもらいたいです。

 


 

~取材を終えて~

 

岸川先生の院で大切にされている「患者さまに主役になってもらう」という方針は、どんなお客様にも喜んでいただける素晴らしいおもてなしの精神だなと思いました。このフレーズを聞いたときに、なるほどなと感銘を受けました!また、岸川先生の院のリノベーションが楽しみです♪
岸川先生、ありがとうございました。

 


 

<サロン情報>

 

きしかわ針灸整骨院
〒849-0303 佐賀県小城市牛津町牛津536-5
TEL:0952-63-8721 

 

 

 

› ニュース一覧へ戻る